こんにちは、意気消沈中の編集長です。毎月、Kindle書籍や文具や消耗品類をAmazonから購入しているAmazonラブなアラフォーなので、Amazonアソシエイトに申し込んでみました。即日あっけなく審査に落ちて撃沈しております。

スポンサーリンク

Amazonさんからのお断りメール

このたび当プログラムへの参加を申請いただいたWebサイトを拝見いたしましたが、お申込みを承認することができませんでした。 当プログラムでは、お申込みいただいたWebサイトが下記の項目に当てはまる場合には、ご参加をお断りさせていただいております。

1.Webサイトが未完成または作成したばかりであるため審査が行えない場合

2.お申し込みのURLに入力誤りがあるのでサイトを確認できない、または他者(社)が運営するWebサイトやURLでのお申し込みの場合

3.Webサイトに閲覧規制がなされており、内容を拝見できない、または閲覧規制をかけているコンテンツを含むWebサイトでお申込みのため審査が行えない場合

4.お申し込みフォームにご登録の住所、氏名、電話番号が正しくない場合

5.Webサイトのドメイン名の中に、「amazon」「javari」「kindle」やその変形、またはスペルミスを含んでいる場合
*SNSでこれらを含むユーザー名を名乗ることもお断りしております

6.知的財産権を侵害している場合

7.露骨な性描写がある場合

8.未成年の方のお申し込み

─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─

とのことでした。

自己分析してみる

あきらかに未成年ではないのと、普段から購入しているので住所氏名電話番号も間違えようがないし、申請フォーム時点でURLもOKだったし閲覧規制をかけているものもない……。

となると、消去法で1か6か7になるわけですが、

知的財産権を侵害している記事に心あたりもないので、1か7に絞り込まれます。

もしや……ヒップアップのための下着ネタがNGだったのでしょうか(涙)

https://40s-journal.womanhappylife.com/post-263/2019/04/01/

あるいは月経カップ!?

https://40s-journal.womanhappylife.com/goods/2019/05/24/

それとも記事数がまだまだ基準以下なのでしょうか……。今回23記事目をUPしてます。

今後の対策

①記事数を増やしてから再挑戦する

②審査に落ちたら、ヒップアップの記事をいったん非公開にして再申請する

③それでもダメだった場合は月経カップの記事を非公開にして再申請する

というフローをとりたいと思います。

アフィリエイトのPDCAやな……。Web広告の運用と一緒ですね。

アドバイス求む!

これが原因じゃないのー?という部分がもしお気づきの方がいらっしゃいましたら、ぜひコメントでご指導いただけると嬉しいです!

何とぞよろしくお願いもうしあげたてまつります