1日350グラムの野菜を食べることを諦めた、食生活2.0

1日350グラムの野菜を食べることを諦めた、食生活2.0

こんにちは、ずぼらシングルマザーの編集長です。今日は栄養バランスの採れた食事をすることについて諦めた件をとりあげたいと思います。

厚生労働省が推奨する、成人1日あたりの野菜摂取量めやす350グラム以上

以下は厚生労働省が推奨する成人が健康的に生活する目安の数値を一部引用したものです


○成人の1日あたりの野菜の平均摂取量の増加
   目標値:350g以上

   基準値:292g(平成9年国民栄養調査)
○カルシウムに富む食品(牛乳・乳製品、豆類、緑黄色野菜)の成人の1日あたりの平均摂取量の増加
   目標値:牛乳・乳製品130g、豆類100g、緑黄色野菜120g以上

   基準値:牛乳・乳製品107g、豆類76g、緑黄色野菜98g(平成9年国民栄養調査)


https://www.mhlw.go.jp/www1/topics/kenko21_11/b1.html

1日350グラム以上の生活を諦めた理由は……

たくさんの野菜が店頭に並んでいる画像

Photo by Daria Shevtsova from Pexels

献立が思いつかん

野菜をたくさん使うレシピが、私の脳内にはカレーか筑前煮かシチューしかない!毎日クックパッドでレシピ検索してはお料理する――という生活は、私ならば、ぜーーーーーーーーーーーったいに長続きしないと、自分の性格を理解しています

野菜、なにげに高いのよ

まぁ、魚や肉に比べると安価ではあるものの、1日に350グラムで、だいたい肌感ではありますが1ヶ月30日で換算すると約1万円程度はかかります。

350グラムを重たい野菜でまかなおうとすると、栄養素が炭水化物寄りにかたよる

いろいろな野菜が写った画像

やみくもに350グラム消費しても、これまた厚生労働省の推奨する成人1日あたりの推奨ビタミン・ミネラル摂取量から遠ざかる結果になります

スーパーで買って帰るの、なにげに重いのよ

私は車のない生活を1年していますが、週に2回ほどスーパーで買った食品を自転車で持ち帰るのが重たくてハンドルとられて危なくて、タイヤでビニール袋を擦って破けるなんてこともあるので、基本重たい買い物は避けたいのです><

そういう理由で、野菜350グラム?やーめた。


Photo by rawpixel.com from Pexels

やめても、栄養素はバランスよく摂取しないと、老けるし不健康になりたくないな。と思いましたので、

栄養素はバランスよく、経済的にも負担のない「食生活2.0」3年目になります

もうご想像がつくかもしれません。

マルチビタミンのサプリメントを摂取することで、栄養バランスのとれた食事に帳尻合わせをするという食生活にシフトしました。

私はサプリンクスさんという、アメリカから質のよいサプリメントを直輸入できる通販サイトを利用しています。日本Amazonのアカウントでクレジット決済ができるのも、便利で気に入っているポイントです。

愛用中のサプリメント2種

写真左「スペクトロウーマン」は、マルチビタミンとミネラルのサプリメントで、カプセルタイプです。女性の骨粗鬆症を防ぐようにカルシウムとマグネシウムの含有量が一般的な商品よりも多めに含まれています。その他、美肌に欠かせないビタミンCが、すぐに体外に排出されないように、長く体内で吸収され続けるロングキープ加工されているのもお気に入りのポイントです。

写真右「ウルトラオメガ-3」は、青魚に多く含まれる成分、オメガ3脂肪酸(DHA、EPA)のサプリメントで、ソフトジェルタイプです。オメガ系脂肪酸は血中のコレステロール値を防ぐとか、心臓疾患の発生率を低下させるとか、脳機能の向上によいなどの研究がなされていますが、公式に「これにいいぞ!」という学術論文はまだありません。魚不足の食生活を補う目的で摂取しています。

どちらもアメリカ人むけのサイズなので、日本国内で販売されているサプリメントよりも粒が一回り大きいです。最初は食道にひっかかるような感覚がありましたが、いまでは何の不自由もなく摂取できています。

長年続けているダイエットとの組み合わせでコスパの良い食生活を送ることができています

サプリンクスさんのサイトには豊富な品揃えで正直なところどれを買ったらいいか迷います。ビタミンCがロングキープタイプであることと、自分が望む成分も含まれているかどうか、タブレットタイプやカプセルタイプでどちらが自分が飲みやすいか、などで絞り込んでいけばいいかなと思います。

ちなみに我が子にもキッズ専用のマルチビタミンミネラルのチュアブルタイプを摂取させています。なにしろ(わざと)野菜を食べないもので!

食生活2.0で得られたメリット

  • 献立に悩まずに済んでいます。一汁一菜生活です。
  • 野菜を摂らなければ!という強迫観念から解放されています
  • 子どもが野菜嫌いで食べてくれない……なら食べられるものを食べさせようと考えられるようになりました。成長していくにつれて食べられるようになるから。
  • サプリメント代を加えても1ヶ月の食費が抑えられてます。(これ一番大事)

以上が、野菜を1日350グラム食べることを諦めた編集長の食卓事情でした!

食事の栄養バランス考えて献立考えなきゃ!!と毎日悩んでいらっしゃるアラフォー女性のみなさんのヒントになれたら幸いです。

本日もお読みいただきありがとうございます!

美容と健康カテゴリの最新記事

http://blogcircle.jp/ping/rcv/29448 https://ping.blogmura.com/xmlrpc/jo7xedd2ecee/