にわかノマドワーカーになって再発見したスターバックスの魅力5選

にわかノマドワーカーになって再発見したスターバックスの魅力5選

こんにちは、自宅ときどきスターバックスその他でパソコンをカタカタしている編集長です。

今日は、自分が実際にノマドワ―クで利用している場所の中で、最も快適と思うスターバックスについて語らせていただきたいと思います!

スタバのカウンター席

「ノマドワーカー」を知らなかった田舎もんです

都会の人ならばもう何年も前にご存知であろう「ノマドワーカー」という言葉ですが、わたくし、昨年の11月頃まで知りませんでした!
初めて耳にしたときは、ん?カフェの窓ぎわで働くとかって意味か?と思った次第で……(恥)

田舎もんの私でございます。

Nomad:英語で「遊牧民」という意味
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

転じて働く場所をオフィスや自宅以外の場所を転々と移動しながら場所に左右されずに働くという意味だったのですね

スターバックスの魅力5選

①インターネット環境が充実している

スタバの無料で利用できるWi-Fiの他にも、各携帯電話キャリアのWi-Fi、有料Wi-Fiスポットサービス(NTTやWi2など)が揃っています。

ちなみに私は楽天モバイルのエコネクトというオプションに加入しており、 Wi2 サービスを利用できるようにしています。エコネクトのWi2サービスIDとパスワードを利用してPCでも同サービスを利用しています。Wi2のメリットとしては、セキュリティがかかっているので安心感があるということですね。

月額200円くらいです。

②1席に1コ、コンセントがついている。しかも無料で利用できる。

ノマドワーカーにとって電源はパソコンの命綱なので、必ずコンセントのあるスタバは安心感が違います。

公的機関が運営している共有オフィスだと、コンセント利用が有料の場所もありますので、それに比べればとても有り難いサービスです。

③本日のコーヒーは、その日に同サイズまでのお代わりが100~150円(税抜)でオーダーできる

これ、ご存知でしたか?「ワンモアコーヒー」というサービスです。

たとえば、本日のコーヒー(ホット)をグランデで最初に購入するとします。作業中にコーヒーを飲み終えて、まだ作業続けたいけれどコーヒーが無いな……と思ったら、最初に購入したときのレシートをレジに持参して「お代わりください」、というと、150円で同じサイズのコーヒーをお代わりができるんですよ!

アイス・ホットはお代わりのときに変更してもOK。

しかも、最初に購入したお店ではなく別の店舗でお代わりを購入することも可能です。

ちなみに期間限定で2杯までお代わりできるツーモアコーヒーというキャンペーンをしている時もあるそうですよ。

④新商品のケーキやコーヒーの試食をサービスしてもらえることもある

スタバ推しのコーヒー豆やデザートを、一口サイズで店員さんがテーブルに配ってくれることがあります。ちょっとしたオヤツの差し入れのような感じで嬉しいです。

⑤スタバ常連のビジネスオーナーさんと顔見知りになり、新規案件のチャンスがある

スターバックスが仕事をしやすい環境ということもあり、ビジネスオーナーさんも利用していることがあります。

そんな方々と何度かお店で遭遇するので、顔見知りになり、雑談から新規ビジネスへの話につながることもあります。実際わたしも経験しています。

さいごに

スターバックスの良さはフラペチーノだけじゃない。シャレオツなジャズを聴きながらさくさく仕事がすすむ環境と、思いがけない店員さんからのおもてなしに心あたたまる、自分にとってのパワースポットのような場所です。

休日のカフェタイムでもワンモアコーヒーはお得なので、試してみてほしいと思います。

Workカテゴリの最新記事

http://blogcircle.jp/ping/rcv/29448 https://ping.blogmura.com/xmlrpc/jo7xedd2ecee/