ゴールデンウィーク10連休がすぐ目前に迫ってきました。シングルマザーでフリーランスかけだしの編集長には嬉しくない10日間になります。10日間も仕事をしないと、単純に事業収入が1/3になるからです(涙)

できれば連休中も月曜~金曜の5日間を働いていたいけれども働けない事情があります……。

まさかの保育園も10連休~~!!!!!

じーじ、ばーばとは飛行機乗り継いでいく距離に離れているし、別れたサラリーマン夫は趣味に命がけで我が子そっちのけで面会交流無し。

そこで、10連休の対策について思いつく手段をリストアップしてみました。

スポンサーリンク

ファミリー・サポートセンターを利用する

編集長が暮らしている自治体では利用料が1時間600円、1日最長12時間預かってもらうことができます。ただし、事務局が援助会員さんを選定し、利用者である私と援助会員さんとの事前面談から利用開始に至るまでに最短1週間~10日かかるとのことで、今からでは間に合わないため断念しました。

民営の託児所を利用する

24時間365日運営している民間の託児所が市内にあったので、問い合わせてみました。1時間540円(税込)、給食費別途必要とのことでした。残念ながらすでに全日予約で定員オーバー……。断念。キャンセル待ちでお願いしました。

ベビーシッターさんを派遣してもらう

1時間1200円(税抜)+交通費で自宅にて保育してもらえるのですが、我が子は家にママがいるのにシッターさんと過ごさなければならないことに納得が行かないようで、我が子の「イヤ」で却下……。

ママ友に寸志を渡して預かってもらう

私の不徳の致すところで、子どもを預け合いっこできるママ友さんを作れていないため現実的にムリという結論にいたりました。

子育て支援センター内の一時預かりを利用する

市内の1時間500円で1日4時間まで預かってもらえます。が、4時間のうち、送迎と保育士さんへの申し送りに1時間はロスするので、正味3時間の利用となるため、あまり仕事ができないです……。

10連休中に利用できる日も限られているためすでに予約でいっぱいとのことでした。

日中育児・深夜に仕事というスケジュールで5日間乗り切る!?

もはや最終手段はほぼ寝ずに5日間を育児と仕事に半々ずつ充てるという戦略です。レッドブルとブラックコーヒーで睡魔を凌げたとして、おそらく3日が限度な気がします……。ムリをして体調を崩すと後々大変なので、現実的ではないですね。

頼みの綱は民間の託児所のキャンセル待ちです。空きができる奇跡を信じて待ちたいと思います。

世のシングルマザー個人事業主さんはどのように乗り切られるのでしょうか?